お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

2022年、ヒルトン・ハワイアンビレッジのロッキー・ジャパニーズ・ステーキ・鉄板レストラン(旧 紅花)が新たに「青木 鉄板焼き」として生まれ変わる!

お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE
レストラン&カフェ
2021/12/24 16:50 2021/12/24 16:55 UPDATE

ワイキキのヒルトン・ハワイアンビレッジにある「ロッキー・ジャパニーズ・ステーキ・鉄板レストラン」が、今回名前を「青木 鉄板焼き」に改名することが発表されました。

 

もともとこちらのレストランは、道楽やブルーツリーコーヒーなどを手がける青木グループのケヴィン青木の父、ロッキー青木による「紅花」というレストランで、1971年から変わらず同じ場所にある老舗。
47年以上にわたって営業し、その後2017年にオーナーが変わり、「ロッキー・ジャパニーズ・ステーキ・鉄板レストラン」となりました。
そして今回2022年から、「青木 鉄板焼き」と名前を変え営業をするとのこと。

左からスティーブ青木、カナ・グレース青木、チヅル青木、ケヴィン青木

 

同レストランでは、鉄板料理に加え、紅花創業者のロッキー青木が思い描く”田舎料理”をより反映させたメニューにリニューアルされるとのこと。
また、さまざまなウィスキーやケヴィン青木が自ら厳選した10以上のウィスキーを楽しむことも可能です。
2020年末には新レストランをオープンし、2021年には青木グループのレストランとしてインターナショナルマーケットプレイスのヘリンボーンを営業再開するなど勢いの止まらない青木グループ。これからも注目です!
お店のさらに詳しい情報はこちらをご覧ください>>

STORE INFORMATION

店舗イメージ

青木 鉄板焼き(旧:ロッキー・ジャパニーズ・ステーキ・鉄板レストラン)

鉄板焼きの父とも言われている「ロッキー青木」が創業、ハワイで人気の鉄板焼ステーキレストラン!!

※お問い合わせの際は「KAUKAUを見た」と言うとスムーズです。

RANKING人気の記事