お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

2021年ハワイのホテルがこう変わった!リノベーションをし、今年営業を再開したアウトリガーリーフ、ハレクラニ、タートルベイ、そしてこれから建設が開始されるワイキキの新ホテルをご紹介!

お役立ち情報&モデルプラン
2021/12/27 17:00 2022/01/04 08:54 UPDATE

お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

2020年から複数のハワイの有名ホテルでは、大リノベーションを行なっていました。2021年に入り、それらのリノベーションが続々と完了し、新しく生まれ変わったホテルが初お目見え!という嬉しいニュースが続きました!
こちらの記事では、2021年に営業を再開したハレクラニホテル、アウトリガーリーフ、ノースショアにあるタートルベイ、そしてヒルトンハワイアンビレッジがベニハナ跡地に新タワー建設予定など、ハワイのホテルのニュースをお届けします。

ハワイの人気ホテルこう変わった&これからこう変わる!

アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

2021年4月30日に営業が再開したアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート。全客室の改装工事を経て生まれ変わったお部屋と新レストランの情報をお届けします。

ブルーの色調と明るい木製の家具で統一された客室は以前とはガラッと変わりハワイアンモダンな雰囲気に。

 

おしゃれでありながらもどこか落ち着く、まるでおうちに帰ってきたような雰囲気の客室。家具の一つ一つも素敵に生まれ変わりました。

 

 

新しくなった客室にはハワイの歴史に関連した多くのアートが飾られています。
その中でも目を引くのが、伝統航海カヌー「ホクレア号」の絵。ホクレア号は、羅針盤などは一切使わず、海流、風、星や太陽の位置などを頼りに世界中を航海し、伝統的な航海術を今に伝える為にポリネシア航海協会によって今も世界航海を続けている船です。

アウトリガーホテルズでは前回2014年~2017年の世界航海の際に、寄港先にあるアウトリガーホテルをクルーに提供したり、ワイキキでイベントを一緒に開催したりするなど、ポリネシア航海協会とパートナーシップを組んでいるんだそう。
モダンな雰囲気になりましたが、ハワイの歴史もきちんと感じられる客室となっています。

 


現在ホテル内のレストラン、カニカピラグリルも営業しており、さらに2022年夏にはメリマンズのシェフとしても有名なピーター・メリマンによるレストラン「モンキーポッド」がオープン予定。こちらまだ完成していないので、イメージ写真でお届けします。
場所は以前、自分でグリルでステーキを焼けるお店、「ショアバード」や「ザ
・リーフ バー&マーケットグリル」などがあったところでオーシャンフロントのレストランとなります。

モンキーポッドはマウイ島やコオリナにも店舗があり、今回アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートにオープンする店舗は、12,000スクエアフィート(1000平方メートル越え!)。地元の食材を使ったピザやサンドイッチ、バーガーなどのお料理が楽しめます。
完成が今から待ち遠しい新店舗ですね!

 

また、アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートでは毎日のようにフラレッスンやハワイアンミュージックのライブ、レイメイキングなどのイベントが行われています。
イベントの詳しい情報はこちらから>>

 

アウトリガー・ホテルズ&リゾーツでは「アウトリガー・クリーン・コミットメント」として、お客様に安全に滞在してもらえるように、消毒・清掃の徹底はもちろん、ホテル全体の衛生管理や従業員の健康管理など、しっかりと対策を行っています。

アウトリガーリーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートはワイキキビーチウォークからもすぐ近くなのでショッピングやレストランなどがたくさん揃っていてとても便利な立地。
リニューアルしたこちらのホテルで是非、快適なハワイ滞在を過ごしてくださいね。

 

アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
住所:2169 Kālia Rd, Honolulu, HI
電話番号:808-923-3111
https://jp.outrigger.com/hotels-resorts/hawaii/oahu/outrigger-reef-waikiki-beach-resort

 

 

ハレクラニホテル

2020年の夏、長期休業を発表したハレクラニホテル。その期間中にホテル内の改装や、一部のレストランの改装などを行い2021年10月1日に営業を再開しました。

 

以前から白を基調にしているハレクラニホテルの客室ですが今回、七彩の白 ”7 Shades of White” とし、様々な色を重ね新しいタイプの7 shades of Whiteに。
壁紙は白を基調に折り紙がコンセプトのラインの模様が入ったものを使用。均等でない線の模様で奥行きが出るように工夫されています。またカーペットはポリネシアの伝統工芸であるカパの模様を使用。

 

また、今回変わった点としてお部屋に登場したミニバータワー。もちろんルームサービスも変わらず行なっているハレクラニホテルですが、すぐにコーヒーが飲みたいお客様のためにエスプレッソマシーン、小さなお子様のミルクを作るためにも使える湯沸かし器など、お部屋ですぐに作れるようになりました。

 

空調システム、温水システムなどインフラの部分、Wi-Fiのアップグレードなども行なっており、目には見えない部分ですが泊まった時の快適さがさらにアップ。
そして清潔感のあるバスルームのトイレは全客室ウォシュレット付きに。

 

お部屋の様々な部分が変わったハレクラニホテルですがハレクラニラバーが戻ってきた際には「あ、ここは以前と変わっていない」とほっとする部分もしっかり残っています。
例えばお部屋のカーテンの役割をしているこちらのルーバードア。ハレクラニホテルの現在の建物になる前から用いられているドアで、こちらはそのまま継承し、懐かしさを感じられるものとなっています。

 

ハレクラニホテルの客室は、ハウスキーピングに1つのお部屋に対して1時間半ほどの時間をかけチェックを行っています。
清掃をした後、スーパーバイザー、最後にマネージャーが部屋を隅々までチェック。しかもこの時間をかけた確認はコロナ前から行なっているというから驚き。さすがハレクラニホテルです。

 

また、ホテルのいたるところに「天国にふさわしい館」を意味するハレクラニに合わせて構想された様々なアートコレクションが飾られているのでそちらにも注目をしてみてくださいね。

お客様がいかに安心して、快適に過ごせるかを考え、準備や対策を行なっているハレクラニホテル。次回の滞在の候補にいかがですか?

 

ハレクラニホテル
住所:2199 Kālia Rd, Honolulu, HI
電話番号:808-923-2311
http://www.halekulani.jp

 

 

タートルベイリゾート

オアフ島ノースショアにあるホテル、タートルベイリゾートは大きく生まれ変わり、2021年7月1日に営業再開しました。

自然からヒントを得た、光あふれる新しいロビーでは、壁だったところを大きな窓に置き換え、ビーチや空の絶景を全方位に見渡せるようになりました。
また、ハワイの芸術家たちを称え、人気アーティスト、ニック・カッチャーや、ハワイ先住民の版画を専門とするアビゲイル・ローマンチャックなど、ハワイ在住のアーティストによる大型アート作品をロビーに展示。超おしゃれなロビーに変身しました!

 

ロビーを抜けると、インフィニティースタイルのプール、大人専用のプール、ファミリー向けプール、そして波の音を楽しめるテラス付きプールデッキへと続いています。大人専用のプールは、マイタイなんかを飲みながらのんびりと過ごせる空間。一方、メインプールは、家族で楽しめる広々としたエリアとなっています。
プールデッキには、豪華なカバナや新しいプールバー「サンセット」も併設。

 

3つの棟からなる客室は、すべての客室とスイートルームから美しいオーシャンビューを楽しむことができます。
また、海からわずか数歩のところにある新しくなったオーシャンバンガローでは、この上ない眺望と心地よい海風を楽しむことができます。
15フィート(約4.5メートル)の吹き抜けの天井とリビングに続くプライベートラナイがあり、開放感も抜群。

 

このオーシャンバンガローに宿泊の方は、こちらの写真のオーシャンクラブの利用が可能。
オーシャンクラブはカジュアルであるながらエレガントなプライベートラウンジ。朝食やランチ、午後はオードブルなどが楽しめます。

 

以前の見た目が思い出せない!と言う方もいるほどのタートルベイの変身ぶり。ノースショアに泊まる機会は少ないかもしれませんが、この機会に次回のハワイ滞在はノースののんびりした街で数日過ごすのも良いかもしれませんね。

 

タートルベイリゾート
住所:57-091 Kamehameha Highway KahukuHI
電話番号:833-621-0701
https://www.turtlebayresort.com/

 

 

ヒルトンハワイアンヴィレッジ

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキビーチ・リゾートを所有するパーク・ホテルズ・アンド・リゾートが、同リゾートの拡張計画を進めていることを先日発表。
場所は、神戸ステーキハウスの跡地と現在レンタカー会社やグーフィー・カフェ&ダインなどが入っている建物の部分です。

 

約515室をようする36階建ての構想ホテルビルが建設される予定で、車寄せのスペースやロビー、ショップ、レストラン、バー、プールにジムなどがアラモアナ通りに面した1階に設けられる予定となっています。
工事は早くても2024年末ごろから開始し、約2年半をかけて行われる予定で、完成までは少し時間がありますが新ホテルビル建設でますます注目のヒルトン・ハワイアン・ビレッジです!

ちなみに現在レンタカーショップがある敷地と、神戸ステーキハウスの跡地は地元のABCストアの系列会社が所有していて、新ホテルビルの1階のショップスペースにABCストアが入る予定だそう。

工事が進み、情報が入りましたら、KAUKAUでも最新情報をお届けしますね!

 

 

いかがでしたか?
2020年に続き、2021年もまだ気軽にハワイに来られない時期が続いてしまいましたが、ハワイのホテルはその間もどんどん変化をしています。
次回泊まるホテルの候補にぜひ参考にしてみてくださいね。

RANKING人気の記事