お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

2020年版!ハワイ・カカアコのウォールアート可愛いのだけ27点集めました!ここを押さえておけば間違いなし!

お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE
お役立ち情報&モデルプラン
2020/04/28 17:10 2020/07/21 17:13 UPDATE

ホノルルの新しい観光スポット・カカアコ地区のウォールアート群。
KAUKAU編集部が独断で選んだ、2020年度版「かわいい!」「これは押さえておくべき!」作品と場所、行き方をご紹介します。
毎年2月に開催されているアートイベント「POW! WOW! HAWAII(パウ!ワウ!ハワイ)」では、新しいウォールアート作品がたくさん誕生しています。開催10周年となった今年も、およそ90組のアーティストによる80作品以上が街の中に登場しました!
※写真は全て、3月初旬に撮影したものです。

ウォールアートが点在するカカアコは元々倉庫街だっただけあってかなり広大なエリア。ここではカカアコ地区を4つのエリアに分けて紹介していきます。
エリア1:ホールフーズ・クイーン店周辺
エリア2:フィッシャー・ハワイ周辺
エリア3:ソルト・カカアコ周辺
エリア4:カカアコウォーターフロントパーク周辺

主催者Pow! Wow! Hawaiiによるマップはこちらから>>
http://www.powwowworldwide.com/festival/pow-wow-hawaii-2020

こちらもあわせてどうぞ>>

 

エリア1:ホールフーズ・クイーン店周辺のウォールアート

まずは、日本人観光客にも大人気のホールフーズ・クイーン店周辺のウォールアートから。
このエリアは「ワードビレッジ」と呼ばれ、ショッピングモールのサウスショアマーケット、人気レストランの「ピギースモール」や「メリマンズ」などが集まるおしゃれ地区。ウォールアートは映画館「コンソリデーテッドシアター」とホールフーズ・クイーン店の間を通る通り沿い、映画館側の壁にあります。
 

ワイキキからエリア1に行くには、ザ・バスの場合、19番、20番、42番のオアフ島西側に向かう路線に乗りAuahi St + Kamakee Stの停留所で下車。ワイキキトロリーの場合、レッドラインもしくはパープルラインに乗り「ワードセンター」で下車するのが便利です。

①アーティスト名:Nathan Smith
ロサンゼルスを中心に活躍するアーティストによる作品。

 

 

②アーティスト名:Wooden Wave
生まれも育ちもハワイのアーティストデュオによる作品。80年代ポップな感じがキュート!

 

 

③アーティスト名:Jack Soren
ノースショアを活動の拠点にしているアーティストによる作品は、ちょっぴりノスタルジックなハワイへのオマージュと愛で溢れています。

 

 

④アーティスト名:Cheyne Gallarde
ハワイ出身、クィアのイラストレーターの作品は、アメコミ感たっぷり。

 

 

⑤アーティスト名:Aaron Kai
“A Lei Over Mauna Kea”(マウナケアにかかるレイ)というタイトルの作品。カラフルな色使いに目が釘付け!

 

 

 

⑥アーティスト名:Nanea Lum
ネイティブハワイアンのアーティストによる、ハワイの大地と叡智を感じさせる作品。

 

 

⑦アーティスト名:Andrew Schoultz
同心円モチーフが特徴のアーティストの作品。放射線状に広がるハワイの虹を切り取ったかのよう。

 

 

⑧アーティスト名:Risk and Sonny Boy
2020年新作ではないけれど、観光客に不動の人気。映画館裏から歩いて5分程のところにあります。

 

 

エリア2:フィッシャー・ハワイ周辺のウォールアート

お次はカカアコ地区のちょう真ん中。大型文房具店「フィッシャーハワイ」周辺エリアにあるウォールアートをご紹介。この辺りは、コンドミニアムなど人の住んでいる地域と倉庫や車の修理工場、もしくはそれらを改修したアーティストのギャラリーやスタジオなどが混在するエリア。人通りが少なく治安もあまり良くないので、歩く際は最大限気をつけましょう。

エリア1から歩いて行くことができます。ワイキキからは、ザ・バスの19番、20番、42番のオアフ島西側に向かう路線に乗りAlamoana blvd. + Koula Stの停留所で下車すると便利です。

 

⑨アーティスト名:Jana Lam
ハワイで活躍中のデザイナーの作品。テキスタイルデザイナーとしても有名で、ハワイのセレクトショップなどで、彼女の小物を見かけることもしばしば。

 

 

⑩アーティスト名:Kim Sielbeck
ハワイで育ったアーティストによるフリーハンドっぽいタッチがポップな作品。独創的な世界観がキュート。

 

 

アーティスト名:Bunny Kitty
ニューヨーク在住のアーティストデュオが生み出したキャラクター、バニーキティ。うさぎの着ぐるみをきた猫ちゃんの含みのある表情に注目!カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart14

 

 

アーティスト名:123Klan
グラフィティとグラフィックアートを融合させたアーバンアートの先駆けとも言えるアーティストによる作品。ガンダム(?)なあいつに思わず目が奪われる!マザーウォルドロン公園向かいの倉庫の壁にあります。カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart14

 

 

アーティスト名:Puff
タトゥーアーティストとしても活躍するオアフ島在住のアーティストはハワイモチーフをポップかつグロテスクに表現。フィッシャーハワイの公園側の壁にあります。

 

 

⑭アーティスト名:Kevin Lyons
新作ではないけれど、カカアコ・ウォールアートといえばコレ!絶対に外せない大人気の「アロハモンスター」。フィッシャーハワイの公園側の壁に描かれています。

 

 

 

アーティスト名:Shar Tuiasoa (右半分、グリーンの背景の絵)

アーティスト名:Kate Wadsworth(左半分)フィッシャーハワイからオーガニックスーパー、ダウントゥアースに向かって歩く途中にあります。カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart11
ちなみに⑮を描いたシャーさんはこんなにキュートな女性の方。ハワイの人気イラストレーターさんです。

 

 

エリア3:ソルト・カカアコ周辺のウォールアート

アートとデザインの街として再開発中のカカアコの中心とも言えるのが「ソルト・アット・アワ・カアアコ」。ローカルにも人気のレストラン「モクキッチン」や「パイオニアサルーン」などが入った商業施設です。新作ウォールアートは、ソルトカカアコを中心にアウアヒ通り沿いに点在しています。

エリア2から歩いて行くことができます。ワイキキからは、ザ・バスの19番、20番、42番のオアフ島西側に向かう路線に乗りAlamoana blvd. + Coral Stの停留所で下車。ワイキキトロリーの場合、レッドラインに乗り「ソルト・アット・アワ・カアアコ」で下車するのが便利です。

 

アーティスト名:Tristan Eaton
ストリートアートレジェントと称されるアーティストによる作品、描かれた美人に目が行くが、距離を置くと虎が見えてくる「大人」な作品。
カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart18

 

 

 

アーティスト名:Kaiili Kaulukukui
ハワイの幸運の象徴、ウミガメ。実際に見ることができなくても、このど迫力なウォールアートを見れば何かいいことが起こりそう!

 

 

アーティスト名:tatunga
こぼれ落ちそうな瞳が印象的な女の子はマイアミ在住の女性アーティストによるもの。カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart21

 

 

 

アーティスト名:Jay Hawell
本気度の高いウォールアートばかりだと疲れちゃう。そんな時におすすめなのがこちらのユルユルアート。日本ではおなじみアンパ●マンを見つけることができるかな?カカアコ ウォールアート powwow2020 hawaii kakaako wallart21

 

 

㉑アーティスト名:7Sketches
見覚えのあるキャラクター、そうトトロとネコバス!けどよくみてみると、トトロはパイナップルに、ネコバスはハワイの市バス、ザ・バスに扮しているんです!場所は、ソルト内のホットドッグ屋さん横の駐車場です。

 

アーティスト名:Simone Legno
アメリカで大人気のTokidoki。ちょっぴりオリエンタルな女の子と可愛い怖いキャラが人気の秘密。ソルト・アット・アワ・カカアコ」内にある「モーニングブリューコーヒー」の外壁に描かれています。

 

 

 

アーティスト名:Kahiau Beamer
“Ka Ua Lehua”というタイトルの作品。ハワイ固有の植物オヒアレフアが描かれています。場所は「ソルト・アット・アワ・カカアコ」内の多目的スペース。

 

 

 

㉔アーティスト名:Mark Milligan
アメリカを代表するブラックアーティストによる作品。ポートレートを得意とする作家で、ホノルル美術館で開催中の『30 Americans』展でも作品が紹介されています。㉒の作品と同じスペースにあります。

 

 

 

アーティスト名:Luke DeKneef
波のアーティストとして知られるハワイ在住作家の作品。ここでは波ではなくカラフルなプルメリアとそれを持つ手が克明に描かれている。㉒㉓の作品と同じスペースにあります。

 

 

ちなみにこちらの絵にはQRコードがあり、そこをクリックするとインスタグラムのストーリー撮影の画面からARを楽しむことができます。お試しあれ。

 

 

【エフェクトの試し方】
①壁にあるQRコードをカメラで読み取り、画面上部に出てくるリンクを押す。

 

②リンクに飛ぶと、インスタグラムのストーリーを撮影する画面が出てきて「このエフェクトを試す」というポップアップが出てくるので、「続ける」というボタンを押す。

そしてこのウォールアートを撮影するように、携帯を向けると、上の動画のような映像が撮れます。

 

 

エリア4:カカアコウォーターフロントパークのウォールアート

「ソルト・アット・アワ・カカアコ」からアラモアナ大通りを挟んで海側にある公園「カカアコウォーターフロントパーク」。この一角に子供が職業体験をすることができる博物館「チルドレンズ・ディスカバリーセンター」があります。こちらの壁面にもキュートでハワイらしいウォールアートが登場!

エリア2、エリア3から歩いて行くことができます。ワイキキからは、ザ・バスの19番、20番、42番のオアフ島西側に向かう路線に乗りAlamoana blvd. + Koula Stの停留所で下車すると便利です。カカアコウォーターフロントパーク周辺はホームレスが非常に多い地域です。周辺を歩く際は細心の注意を払ってください。

 

 

 

アーティスト名:Kevin Lyons
「アロハモンスター」で大人気の作家さんの新作です。美味しいハワイがぎゅっと詰まった一枚に。

 

 

 

アーティスト名:OG Slick
スマイリーフェイスとあの人気ネズミキャラクターの手と思われるものがコラボされた作品。レインボーにハイビスカスのモチーフも加わってアロハ気分満載!

年々増え続けるカカアコ地区のウォールアート。今年誕生したものだけでもなんと80作品以上。全部ご紹介するのは無理なので、特に人気が出そうな作品だけをまとめてご紹介しました!
毎年書き換えられる作品もあり、ウォールアートとの出会いはまさに一期一会。みなさんもお気に入りの作品に会いに行ってみてくださいね。

 

 

【注意事項!】
カカアコ地区は再開発が進行中とはいえ、元は倉庫・工業地帯です。
そのためカカアコ地区は従来よりひったくりや車上狙い、ホームレスが多い地区です。訪問する際は、十分に注意し、人気のない場所に入り込んだり、公園の公衆トイレを使用しないでください。トイレは、「ソルト・アット・アワ・カカアコ」などの商業施設での使用をオススメします。
なるべく明るい時間帯に行くようにし、暗くなってからは目的地までタクシーなどを利用してください。また撮影した写真を確認するために道端で立ち止まったり、荷物を付近に置いたりするのも危険です。絶対にやめましょう。

カカカコエリアへの紹介や行き方はこちら>>

ワードエリアの紹介や行き方ははこちら>>

 

RANKING人気の記事