お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

ハワイ、ザ・バスの乗り方完全カイド1(基礎知識編)

お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE
お役立ち情報&モデルプラン
2020/01/10 17:01 2020/01/14 15:00 UPDATE

ザ・バスはハワイのメインの交通手段の一つ。経済的で、本数もルートも多く観光客、ローカルの重要な足となっています。そんなザ・バスって何?ザ・バスの乗り方から、知ってると助かる、自慢できるお役立ち情報までこれを読めばもうザ・バス攻略はカンペキ!

今日は第1回目として
ハワイ、ザ・バスの乗り方完全ガイド1(基礎知識編)

・ザ・バスってなに?いくら?
・乗り降りの仕方
・乗り換えの仕方

についてお伝えします。 まずはザバスの基本情報から!

 

ハワイのザ・バス、基礎知識編!

ザ・バスってなに?いくら?

ザ・バス(the bus)はオアフ島を100以上ものルートでほぼ島全部を網羅する使える市バス。ハワイに来れば一度は絶対見たことのあるあの黄色と白のあいつです。

unnamed

料金は大人一律どこまで行っても$2.75、$1札2枚と¢75硬貨3枚で払うのが普通です。気合と根性さえあれば$2.75でノースまでだって行けちゃいます。

・大人は片道$2.75。
・お子様は5歳以下無料。
・6歳以上は片道$1.25。
・65歳以上の方*障害者*は片道$1.00。
(*注意点あり。記事の最後をお読みください!)

th_IMG_1967

月乗り放題パス$70、年間乗り放題パス$770もあります。先払いなので乗ってからバタバタしないようにお金は乗る前に用意しておきましょう!お釣りは出ません!これ大事!!
ぴったりのお金を用意する、もしくは2人なら2人分まとめて$5.50払う・・・などちょっとした工夫が必要。$20などおっきいお札しかない!なんてことになったら、残念ですが$20の贅沢なザ・バスライドをお楽しみください・・・。

 

ザ・バスの乗り降りの仕方

乗るときは基本的に前のドア、運転手さんの横にある料金箱にお金を入れて乗ります。降りてくる人もいるので降り終わるまで待ちましょう。日本と一緒で、お年寄り&体不自由な人が優先です。レディーファーストもさらっと出来るとさらにスマート。綺麗なお姉さんがたまに素敵なスマイルをくれます。無事バスに乗ったら次はどうやって降りるか。日本のバスとだいたいシステムは一緒。降りるバス停が近づいたらバスの所々にあるヒモ(写真⇩)をひっぱる(降りますボタンにつながってます)か、

unnamed-2
もしくはボタンを押して、バスのアナウンスで「ストップリクエステッド」(Stop requested)と流れたらオッケー!バスの電光掲示板にも出るのでそちらでも確認。

IMG_4143-2

他の人が先に押している場合もあるのでよく見ておきましょう。降りるときは後ろからでも真ん中のドアからでもどちらからでも降車可能です。
unnamed-3
真ん中や後ろのドアはまず、ドア上の緑のランプが付いているのを確認し、付いていたら軽く押してドアを開けてください。バスの年式によっては古くて開きづらいのもあるので、めげずに押してください。ごちゃごちゃやってると周りの人が助けてくれます。心配な人は前の方の座席に座っておきましょう。前の扉は運転手さんが開けてくれますし、色々察してくれます。

もし「英語は少しはできる!けどハワイは初めて」なんて人は運転手さんにおりたい場所を伝えると、そのバス停付近で教えてくれますし、優しい運転手さんの場合は降りた後の目的地までの行き方も教えてくれたりします。人相次第で甘えてみましょう。

ザ・バスの乗り換え方法

1日に何回も乗り換えして観光を楽しみたい方、行きも帰りもバスを使うぞ〜!という予定の方は、$5.50の1デイパスを買うのがお得で便利です。

1デイパスの使用期限は午前12時から翌日の午前2時59分まの27時間。その間ひたすら乗り放題となります。

「1デイ(1日)パスプリーズ」といえばもらえます。

・大人は$5.50。
・お子様は5歳以下無料。
・6歳以上は$2.50。
・65歳以上の方*
障害者*は1デイパスは$2.00。
(*注意点あり。記事の最後をお読みください!)

以前あったトランスファーチケットに代わる形で登場したパスです。くれぐれも有効期限内は無くさないように気をつけてくださいね。

※2018年からHOLO Card(ホロカード)という電子乗車カードの試験導入が開始。一般に向けた導入はまだ未定ですが、詳しい情報は後日ご紹介!!

さて次回は
ハワイ、ザ・バスの乗り方完全ガイド2
ローカルが使用している便利アプリとワイキキから近郊エリアへの行き方ををご紹介します♪ 

 

 

*シニア料金の注意点です。
ザ・バスのシニア料金の利用には下記のカードの提示が必要です。ザ・バスシニアカードTheBus Senior Card) もしくは有効なアメリカのメディケアカード。ザ・バスシニアカードはザ・バス優待パス事務所(カリヒ・トランジット・センター内)で$10.00で発行しています。詳細は下記のザ・バスの日本語サイトでご確認ください。
http://www.thebus.org/t_jap/fare/seniorfare.asp?l=jap
障害者料金に関しても条件がありますので、詳細は下記のザ・バスの日本語サイトでご確認ください。
http://www.thebus.org/t_jap/fare/disabilityfare.asp?l=jap

 

CATEGORY NEWS関連記事

RANKING人気の記事