お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE
ハワイ早耳ニュース

【4月9日のハワイ早耳ニュース】ハワイ州内のワクチン接種対象年齢が広がります

お役立ち情報&モデルプラン
2021/04/09 08:59 2021/04/09 11:04 UPDATE

お気に入り0

SHARE
Facebook
twitter
LINE

ハワイのニュースをほぼ毎日更新する「ハワイ早耳ニュース」、4月9日のニュースです!

【4月9日】オアフ島のワクチン接種対象年齢が引き下げに!4月19日からは16歳以上全員

ハワイ州は4月12日の月曜からワクチン接種対象者の年齢を50歳以上に引きさげ、4月19日からは16歳以上にさらに引き下げられることになりました。
オアフ島以外のカウアイ島、マウイ島、ハワイ島などの各郡では、すでに16歳以上に引き下げられていたのですが、オアフ島もついに16歳以上は全員となります。

バイデン大統領は、4月19日よりアメリカの全成人をワクチン接種対象とすると発表していますが、ハワイも同じペースで順調に進んでいます。ハワイ州全体で約100のドラッグストアに直接出荷もされるなど、ワクチン接種ができる場所も拡大してきています。

ただ、ハワイ州の供給分のワクチン到着の遅れで、2週間ほど予約が取りづらい状態が予想されているので、ハワイ州保健局は、早めの予約を推奨しています! 

【4月8日】ホノルル市、再開計画第3段階にあと4週間は留まることを発表

ホノルル市のブランジャルディ市長とハワイ州のイゲ知事は、ホノルル市の再開計画について少なくともあと4週間は現状の第3段階に留まることで合意しました。

ホノルル市の7日間の新規陽性者数は2週連続で58人を超え、本来なら第3段階から第2段階へと逆戻りする水準に達しています。
ただ、ブランジャルディ市長は、「経済復活の途上にあるホノルルが第2段階に戻ることで、市民の経済的・心理的なネガティブなインパクトのほうが大きい」として、イゲ知事に対して、現在の第3段階の水準を緩和し、第2段階と同じ、7日間平均での新規陽性者数50-100名へと変更する申請を出していました。

イゲ知事は、この変更を承認せず、4段階の再開計画はそのままとなりましたたが、代わりに現状の第3段階をすくなくともあと4週間は継続することで合意しました! 

【4月7日】ホノルル市長「オアフ島再開計画は第2段階への後戻りはしない」と発言

ホノルル市のブランジャルディ市長は、ホノルル市の再開計画について現状の第3段階から第2段階へ後戻りする意思はないと表明し、第3段階の計画修正案をイゲ知事に提出しました。

ホノルル市の再開計画は前市長のもとで定められたもので、第3段階へは「直近7日間の平均の新規陽性者数が49人以下」を下回ることが条件です。その条件をクリアしたため2月25日より第3段階へと移行しました。

しかし、最近の新規陽性者数の増加傾向により再度、7日平均が50人を超える週がでたため、本来の計画では第2段階へ逆戻りとなります。ですが、ブランジャルディ市長は、ワクチン接種の進捗が順調で、死者や入院患者数などが増加していないことなどを理由に、第2段階への後戻りはしないという意向を発表しました。

4月5日に、イゲ知事に提出された要請は、第3段階の基準を直近7日間の平均の新規陽性者数を50~100人に増やす」(第2段階と同じ陽性者数)というもので、陽性者数だけでなく、その実際の内容に目を向けた判断を行う、という姿勢を明確にしました。

もしまた第2段階に戻っていたら、レストランやソーシャルギャザリングなども上限5人までに逆戻りするなど、復活をはじめたハワイ経済にまた打撃となるため、ほっとした市民も多かったことと思います!

【4月6日】ハワイ州のワクチンパスポート、早くても実施は5月から

ハワイ州のイゲ知事は、4月5日の会見でハワイ州のワクチンパスポートの導入について、早くても5月になるとコメントしました。ワクチン接種を完了したデジタル記録を提示することで、渡航前の検査受診を免除するワクチンパスポートは、まずハワイ州内の島間旅行から適用され、当初4月には実施予定とされていましたが計画に遅れが出ています。

現在、ワクチンパスポートのシステムは世界各地で複数の団体が開発中であるが、ハワイ州はその中で「コモンパス」と「クリア」という2つのシステムが候補として絞り込んでいるそうです。5月には、ハワイ州内のネイバーアイランドトリップが自由にできる人が増えそうです! 

【4月5日】HISがワイキキにPCR検査センターを設立

HISハワイが、ワイキキショッピングプラザ4階に、「ワイキキPCR検査センター」を開設し、PCR検査の提供を4月1日より開始しました。日系旅行代理店の行う検査とあって、旅行者の方にも安心して受けられますよね。

このセンターはキャプチャー・ダイアグノスティックス社(Capture Diagnostics HIB01 LLC)を検査パートナーとして、出発72時間前の日本入国時の陰性検査証明取得が出来るサービス。最長12時間以内で検査結果が戻ってくるそうです。もちろん日本語対応も可能です! 

  • 名称:ワイキキPCR検査センター(Waikiki PCR Testing Center)
  • 検査料金: 通常:$195、 優先検査:$295(ハワイ州税別)
  • 検査方法: RT-PCR法(唾液による検査)
  • 検査結果:までの時間 通常:12時間以内、 優先検査:6時間以内
  • 検査証明: 日本入国時の陰性検査証明(出発72時間前)発行対応
  • 検査機関: キャプチャー・ダイアグノスティックス社(Capture Diagnostics HIB01, LLC)
  • 検査所: ワイキキ ショッピングプラザ #410(2250 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815)
  • 検査時間: 8:00-17:00(最終受付 16:45)
  • 電話番号: 808-218-6123(日本語)/808-218-6124(英語)

ワイキキPCR検査センター 公式サイト
 https://www.lealeaweb.com/pcr 

 

過去のニュースアーカイブ

3月29日~4月2日のハワイのニュース!

 

3月22日~26日のハワイのニュース!

 

3月15日~19日のハワイのニュース!

3月8日~12日のハワイのニュース!

3月1日~5日のハワイのニュース!

2月22日~26日のハワイのニュース!

2月8日~14日のハワイのニュース!

2月1日~7日のハワイのニュース!

1月25日~31日のハワイのニュース!

  
1月18日~24日のハワイのニュース
  

1月11日~15日のハワイのニュース

  

RANKING人気の記事